« 韓国軍幹部が「戦争になれば北朝鮮に負ける」と発言 | トップページ | 韓国鉄道公社、絶賛ストライキ中 »

2013年12月 9日 (月)

胃がん大国・韓国

人様のブログを丸写しするのは芸がなく、申し訳ないのですが、本日は甘えて手抜きさせてもらいます。
こちらの記事にまとまっています。
http://ameblo.jp/tosyusai-syaraku/entry-11338303790.html

胃ガン発生率、韓国人がダントツで世界トップ!
2009/07/13(月)朝鮮日報
 死亡者の3人から4人に一人ががんで命を落とす中、韓国にはがんの発生状況に関して三つの大きな特徴がある。他国では減りつつある男性の胃がんと女性の甲状腺がんがそれぞれ非常に高い発生率を維持している点、過去に多かった女性の子宮頸(けい)がんが急速に減少しつつある点だ。

カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明
2010/09/06 12:24
【ソウル6日聯合ニュース】各国で料理に愛用されているトウガラシの辛味成分で鎮痛剤にも利用されるカプサイシンが、がんの発生を促進するとの研究結果が出た。
 建国大学が6日に明らかにしたところによると・・・

フランスがキムチを「有毒食品」に認定
2005年5月31日、朝鮮日報
 31日、フランスの衛生省(日本の厚労省に相当)は、「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストに韓国の民族料理であるキムチを追加した、と発表した。中毒性が高く、脳細胞にダメージを与えるとされる「カプサイシン」が多量に含まれている事が主な理由で、この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止された。

日本では、キムチは健康食品であるかのような喧伝が一部で行われています。しかし、とんでもない話です。特に韓国製のキムチは、辛いだけで味がありません。
キムチに限らず、韓国料理全般に言えることですが、ひたすら辛く、刺激が強いばかりです。口内炎になりそうです。いや、実際炎症を起こすからこそ、胃がん発生率が高いわけです。
韓国製キムチは、カプサイシンに発がん性があるばかりでなく、寄生虫がたくさん付着していることも知られています。特に有鉤条虫が人体に入り、脳や眼球に達すると、脳や眼球を食い荒らされ、重篤な状態に陥ります。
以上のことを総合的に考えると、キムチは食べないほうがいいですね。また、韓国に旅行すると、キムチを避けて滞在することは難しいです。いちばんよいのは、韓国に旅行せず、キムチを食べないことです。

O0198023812155889298

写真は、有鉤条虫に食い荒らされた脳みそです。

« 韓国軍幹部が「戦争になれば北朝鮮に負ける」と発言 | トップページ | 韓国鉄道公社、絶賛ストライキ中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃がん大国・韓国:

« 韓国軍幹部が「戦争になれば北朝鮮に負ける」と発言 | トップページ | 韓国鉄道公社、絶賛ストライキ中 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31